赤ちゃんの衣類を洗濯するときは専用洗剤が便利

赤ちゃん

着るものだからこそ安心を

観葉植物

赤ちゃん専用の洗剤も販売されており、衛生状態を良くすることができます。肌を守るためには、洗濯をきちんとしておくとよいです。洗濯をする際は、赤ちゃんの肌によって判断しなければいけませんが大人の衣類と一緒に洗っても問題ないです。

Read

肌を優しく守りましょう

man

赤ちゃんの肌は刺激に弱く、花粉や大気汚染などでも肌荒れしてしまいます。外気に触れた肌着は、しっかり洗濯で汚染物質を取り除きましょう。赤ちゃん用の洗濯石鹸であれば、天然由来のため肌に負担がかかりません。基本は手洗いのため、肌に触れるものと触れないものとで使い分けましょう。

Read

清潔さと肌触りにこだわる

woman

赤ちゃんは肌が弱く、刺激にとても敏感です。守ってあげるためにも洗濯する時は、専用の洗剤を使って手洗いしたり、洗濯機で洗う場合でも弱で洗うようにするなど工夫して常に肌にやさしい仕上がりになるようにしてください。

Read

ベビー服を洗う時の知識

子供

健康を守るために

ベビー服の洗濯では、赤ちゃん用の洗濯洗剤を利用することが重要です。市販されている通常の洗剤では、赤ちゃんの敏感な肌ではかぶれてしまうなどのトラブルが発生するおそれがあります。赤ちゃんでも大丈夫であることの表記がされている洗剤をしっかりと選びましょう。また、大人用の衣服とベビー服は分けて洗濯するのが有効です。特に、外出の多い大人が着ている衣服は、目に見えないゴミや埃などが付着している場合が多いと言えます。念入りに洗濯をした場合でも、これらが残っている可能性を否定することは出来ません。赤ちゃんは自分の着ている服を舐めたりする場合もあります。赤ちゃんの健康を重視するためにも、洗濯する服を分けることが必要です。

洗うタイミングと方法は

赤ちゃんに最適な洗濯を考えるならば、やはり手洗いをなくすことは出来ません。手洗いは衣服の繊維を傷つけずに洗う方法でもあります。時間はかかりますが、赤ちゃんの敏感な肌を守るためにはとても重要です。また、マジックテープやひもなどの付属物がついているベビー服も少なくありません。これらを劣化させないためにも重要ですし、洗濯機を使った場合は引っかかるなどの問題が起こる場合もあります。そして、洗濯を行うタイミングも重要となります。購入したばかりのベビー服は、一度洗濯してから赤ちゃんに着せることが必要です。これは店の中で発生した汚れから赤ちゃんを守ることだけでなく、糊などの付着物を最初に減らすことも目的となっています。