Office desk

予算に合ったオフィスデスクの選び方を徹底解説!

お仕事をより効率的に

業務に合わせて選択しよう

社内

オフィスデスクにもいろいろな種類があるので、お仕事の内容に合ったものを選択していきたいものです。
オフィスの内装工事を手掛ける業者でも豊富なデスクを扱っているため、室内レイアウトの変更や移転の際には、デスク選びにも力を入れましょう。
オフィスデスクは、シンプルな平机や引き出し付き、L字デスクなどが主に使用されています。
どれもそれぞれの利点があるため、オフィスの業務内容にマッチしたものを選択する必要があります。
平机はシンプルなゆえに自在にレイアウトでき、デスクラックやデスクトップパネル、ワゴン型の引き出しなど、お仕事の内容に合わせたカスタムが可能です。
幅広い業務に使用できるため、あらゆる業態から安定した人気を獲得しています。
デスク一体型の引き出し付きは、引き出しがデスクの片側についているものと両側についているものがあります。
事務仕事でも、特に書類作業が中心となる業務に向いており、様々な業態で好まれています。
両引き出しの場合デスク面積も大きくなるため、日々大量の書類を扱う業務には最適です。
PCワークが主となるならL字デスクが最も適しており、面積が広く業務内容によって場所の使い分けができます。
また、オフィスデスクは複数を組み合わせて設置することが基本になりますが、L字デスクも同様に組み合わせ可能になっています。
オフィスの内装業者が扱うオフィスデスクは価格もお手頃なため、施工と同時に注文すればコスト削減にもつながります。

選び方のポイント

オフィス

オフィスデスクは働きやすさを大きく左右するものです。
オフィスデスクには一定の規格があり、それにそって選ぶことである程度の働きやすさと耐久性、安全性は担保することができます。
ですが、その中でも様々なオフィスデスクの形があり、オフィスの雰囲気をどうしたいかによって選び方は変わってきます。
オフィスデスクは大きく分けて、平机、片袖机、両袖机、フリーアドレスデスク、L字型デスクに分類されます。
最も多く利用されているのは片袖机です。
片袖机とは、片方に引き出しがある机のことで、従来型の事務作業を行うオフィスに多く取り入れられています。
両袖机は収納が多いのでゆったり使用できますが、幅が広いため大人数のオフィスには向きません。
値段もやや高めです。
平机はシンプルな収納がついていない机のことなので一から収納をそろえないといけないですが、必要性に応じて増減させたりできるというメリットもあります。
フリーアドレスデスクは個人の机という概念をなくした机で、近年人気が上昇しているものです。
ただ収納が多いときは別途収納場所を用意しなければなりません。
L字型デスクはパソコンを多く使う場合や卓上で様々な作業を展開する必要がある場合に人気があります。
ですが価格が高めなのが難点です。
こうしたタイプによる違いと、カラーを主にふまえて選ぶことになります。
オフィスデスクは思ったよりもオフィスデザインに影響を与えるので、注意して選ばなければなりません。
カラーを派手にすると作業能率に支障がでるので、なるべく柔らかいカラーがおすすめです。

什器も通販できる

オフィスデスク

会社で使用するオフィス用品は専用の会社と独自に契約を結んでいるケースが多くなっています。
そのため事務用品は日常的に使用する消耗品から什器に至るまで一括して同じ会社に契約を依頼しているケースが多くなっています。
しかしコスト面から考えると単品で購入するときにそれぞれのコストを比較検討する方が安くなるケースもあります。
専属契約で安くすることも考慮されますが、それにも限界があります。
オフィスデスクなどは什器として取り扱われますが、今では格安のデスクが通販で販売されるケースも多くなっています。
かつてのオフィスは、引き出しなどとセットになった商品が人気でした。
しかしこれは固定席を設けている会社には適していますが、フリーアドレスなどを設定している会社では、適用しにくくなっているのです。
そのためオフィスデスクは基本的に平机タイプが人気になっているのです。
このタイプであれば、通販でも格安に購入することができます。
通販は個人で利用する者だけではありません。
企業が利用することも今では当たり前になっているのです。
オフィスデスクは搬入などの工事関係も考慮しなければなりません。
通販では搬入工事に関わるコストなども込みになっているケースなどお得に利用できるサイトもたくさんあります。
もちろん企業取引になりますので与信なども必要ですが、コスト削減の一環として考慮する価値はあるのです。
オフィスデスクを専門に扱う通販サイトも存在します。